スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
偶然とかって、理論的な計算値よりも、意外に高い確率のような気がするんです
今日は朝から酷い目に遭いました。
電車が人身事故でストップ、完全には止まることが滅多に無い電車なのですが、
現場検証のため、今日は一時完全に止まってしまいました。

そこで、行われる振替輸送。
朝から電車の旅を満喫してきました。
目的地の半分にも到達していなかったため、
いつもの電車→地下鉄→JR→いつもの電車→地下鉄→地下鉄
という、たらい回しに遭いました。

飛び込むならお昼時にしてくれ、というジョークはブラックなので止めておきましょう。
そんな朝方には完全に壊れていたダイヤも、帰りには完全に修復。
さすが『鉄』と呼ばれるだけの路線であります。

それでは今日の一冊をご紹介。

今はもうない―SWITCH BACK 今はもうない―SWITCH BACK
森 博嗣 (2001/03)
講談社

この商品の詳細を見る

続きを読む前にポチッと応援よろしくお願いします♪
本ブログランキング  FC2ブログランキング

それでは続きを読むからどうぞ★
【続きを読む】
【2006/10/30 23:03】 | 森博嗣 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
空だから
爆笑問題の太田を総理として、架空の法律について、
国会を開く番組を見ていました。

特に、憲法9条について語り合う人達はとても印象的で、
改正されようとされまいと、こういう番組がもっとあればと思わずにはいられません。

大して勉強しているわけではないので、偉そうなことも言えませんが、
理想と現実に対する個人の思想がよく出る問題で、興味深いです。

九条は理想的で、人類の社会が完成するとしたら、このような形に落ち着くと思います。
しかし、現時点で人類の社会はここまで成熟していないことも確かだと思います。

何故争うのかといえば、争うことによって得をする何らかの勢力があるわけで、
仮に争うことにメリットがなくなる世界がくれば、争いはなくなるかもしれません。
個人規模では損得でなく譲れぬものの争いがあっても、
国家単位での物理的なメリット無しの争いというのは自分には想像がつきません。

番組内で特に印象的だったのは、
ある種ギャンブルのようなものだが、九条を保存することは、
後々の世界において、日本国民の誇りとなるであろうという趣旨の太田総理の発言に、
政治家が発言した、そうだとしても、我々はギャンブルをやるわけにはいかない、
という趣旨の掛け合いです。

ここに、上で述べたような理想と現実の問題が集約されているように感じます。
ここまで殺し合いを是としない世界を作れた人類に対する希望と、
だからこそ今は完全でないということを知る人達。

未来永劫、争いが無意味な社会は完成しないと言われると辛いですが、
あくまで私見ですが、平和な世界は完成し得ると信じたいです。

さて、長い前置きも終わり、本日の一冊。

ナ・バ・テア―None But Air ナ・バ・テア―None But Air
森 博嗣 (2004/10)
中央公論新社

この商品の詳細を見る

続きを読む前にポチッと応援よろしくお願いします♪
本ブログランキング  FC2ブログランキング

それでは続きを読むからどうぞ★
【続きを読む】
【2006/10/06 23:08】 | 森博嗣 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
私の名を……
テンプレート変えてみました。
前のと同じ作者さんのものなので、イメージにはあまり違和感はないと思いますが、
どうでしょうか?
ぜひ一度は月を投げてみてください。

所信表明演説、カタカナ語を100回以上も使用したらしいですね。
昨今では確かに日本語では言い難い言葉も多いですが、
8301字で100回以上というのはどうなのでしょう。
単語一つ平均4文字としても、全体の5%は片仮名。

例えば、「未来に向けた新しい日本の、カントリー・アイデンティティ」
カントリー~なんて、国民性、じゃダメなのでしょうか。
これでは政治家でなく政治屋と言われても仕方ないような・・・・・・。
目先の言葉尻に捕らわれず、中身を見れる人間になりたいものなのです。

それでは今日の本の紹介。

幻惑の死と使途―ILLUSION ACTS LIKE MAGIC 幻惑の死と使途―ILLUSION ACTS LIKE MAGIC
森 博嗣 (2000/11)
講談社

この商品の詳細を見る


夏のレプリカ―REPLACEABLE SUMMER 夏のレプリカ―REPLACEABLE SUMMER
森 博嗣 (2000/11)
講談社

この商品の詳細を見る


続きを読む前にポチッと応援よろしくお願いします♪
FC2ブログランキング  本ブログランキング

それでは続きを読むからどうぞ★
【続きを読む】
【2006/09/30 00:03】 | 森博嗣 | トラックバック(1) | コメント(4) | page top↑
ああ、平和って良いですねえ
友人が相当バイトに忙しいようだったので、一日繰り上げて帰ってきました。
国立文系とはいえ、仕送りナシで授業料まで払ってる友人に感服。
茨城には軽くカルチャーショックを受けて帰ってきました。

道になぜか普通においてある自転車の空気入れ、ドライバーのスキルの低さ。
道行く高校生は何故か女子高生が多く、その多くがやたら眉が怖い化粧。
ワンピースの制服ってのも初めて見ました。

個人的には結構好きな街でした。
乱開発された東京などに比べ、足るを知るの境地、
これ以上無駄に開発しなければ、かなり好印象。

それでは今日の一冊、いってみましょうか。

ZOKU ZOKU
森 博嗣 (2004/10/20)
光文社

この商品の詳細を見る

FC2ランキングはやっぱり三位から陥落してしまいました・・・・・。
本カテゴリのチャンプが当面の目標となりそうです。
と、いう訳で、

続きを読む前にポチッと応援よろしくお願いします♪
ranking にほんブログ村 本ブログへ

それでは続きを読むからどうぞ★
【続きを読む】
【2006/09/09 22:24】 | 森博嗣 | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
自分がいることで、何かを変えたい? そう思うのが、人間の生なのか。
最近コメントが多く頂けて非常に嬉しいです。
過去記事でも気にせずに、じゃんじゃんコメントください。
相互リンクも常に募集中です♪
それでは今日の一冊をご紹介。

まどろみ消去―MISSING UNDER THE MISTLETOE まどろみ消去―MISSING UNDER THE MISTLETOE
森 博嗣 (2000/07)
講談社

この商品の詳細を見る


ここ数日のクリック率が非常に高いです、ありがとうございます★
今日も応援、よろしくお願いします♪
ranking にほんブログ村 本ブログへ

それでは続きを読むからどうぞ★
【続きを読む】
【2006/09/03 22:35】 | 森博嗣 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
前ページ | ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。