スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
差別はね、当然なんだよ
今日もまた中2が父親刺しちゃうなんていう世知辛い事件があったようです。
成績のことで口論だったそうですが、一体どうなってるんでしょう。
刺したらどうなるか、ってのが解らなくなるくらいの諍いだったのでしょうか。
家族の形態の完成形は存在するのでしょうか。

そこで今日はこの一冊をご紹介。

手紙 手紙
東野 圭吾 (2006/10)
文藝春秋

この商品の詳細を見る

続きを読む前にポチッと応援よろしくお願いします♪
本ブログランキング  FC2ブログランキング  人気ブログランキング

それでは続きを読むからどうぞ★
【続きを読む】
【2006/12/06 01:17】 | 東野圭吾 | トラックバック(2) | コメント(2) | page top↑
太陽ほど明るくはないけれど、あたしには十分だった
毎度「はちみつの蜜壺」をご覧いただきありがとうございます。
実は今日のこの記事が記念すべき100記事目になります。
本を紹介したのは全体の八割程度でしょうか。
これからもお楽しみいただけると幸いです。

今日はガチガチの鉄板作品の紹介をいたします。
その分、読んだことのある人もたくさんいるとは思いますが、
本日も、お付き合いくださると嬉しいです。
それでは、今日の一冊をご紹介。

白夜行 白夜行
東野 圭吾 (2002/05)
集英社

この商品の詳細を見る

続きを読む前にポチッと応援よろしくお願いします♪
本ブログランキング  FC2ブログランキング

それでは続きを読むからどうぞ★
【続きを読む】
【2006/11/07 23:16】 | 東野圭吾 | トラックバック(0) | コメント(10) | page top↑
すごい偶然だとは思うね
昨日は変なイベントが起きました。
いつも遊んでいる友達から、例によってカラオケのお誘いが。
しかし、電話口でのキレが悪く、なにやらゴニョゴニョと言っている。
歌いたくないわけではないので、車で迎えに行く。

待ち合わせ場所に到着してみると、友人にもう一人。
全く知らない女の子。ちょっとカワイイけど
話に聞いていた彼女か?と思うと、そうでもない様子。
名乗りも名乗らせもせずに、車に乗り込んでくる。

どうやら、友人のクラスの友達らしいが、お互いに名乗らない。
にも関わらず、おとなしく運転していると話しかけてくる。
狭い地元、あっという間に店に着く。
名前知らないけど。

カラオケ二時間。
知らない人(特に女性)の前だとやっぱり最初声が出ないものです。
やっぱ女性の歌声はいいものです。上手だし。
名前知らないけど。

歌い終わる頃にはもう終電がない。
当然家まで送っていく。
道案内してもらって、到着、バイバイ。
名前知らないけど。

さて、名前とは重要な要素でしょうか。
お互いを認識するためだけのプロトコル?
あるいは、名前自体に人格のようなものが宿り、言霊のようになるのか?

まあ別に名乗らないことが気に入らないわけではありません。
コミュニケーションには問題が無いし。
これを、幻惑の死と使途の記事の前振りにしたら面白いと思っただけです。
外面だけ見れば、どう見てもアッシー君です。本当にありがとうございました。

閑話休題。

今日は学園祭に行ってきました。
次長課長が来るらしく、そのチケット待ちだけ行列でした。
模擬店は5つ程度、素人漫才のようなものを実施していたり、
企画倒れしていそうなフィーリングカップルをやっているのみ。

さすがは理系のみのキャンパス、寂しいものです。
それでも日本人は元来お祭り好き、結構人がいました。
特に女性が。これは非常に珍しい光景です。カップルが非常に多かったけど
普段は、男:女=8:2ぐらいなのです。

そんな中、やってきたことは、研究室の見学です。
とても学園祭という雰囲気ではありませんでした。
研究内容はもちろん、先生の人格を聞いたり、学生の雰囲気を見てきました。
とりあえず、やりたくないことがハッキリしてきました。
消去法も立派な選択法の一つです。

長い前振りになりましたが、今日の一冊をご紹介。

予知夢 予知夢
東野 圭吾 (2003/08)
文藝春秋

この商品の詳細を見る

続きを読む前にポチッと応援よろしくお願いします♪
本ブログランキング  FC2ブログランキング

それでは続きを読むからどうぞ★
【続きを読む】
【2006/11/03 23:04】 | 東野圭吾 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
努力なんかしなくても子供を愛せるんです
北朝鮮、ついにやってしまいましたね。
安部総理が賢明な判断を下してくれると良いのですが・・・・・。
あまり期待は出来ないかもしれません。

暗くなるので、今日の一冊に入りましょう。

レイクサイド レイクサイド
東野 圭吾 (2006/02)
文藝春秋

この商品の詳細を見る

続きを読む前にポチッと応援よろしくお願いします♪
本ブログランキング  FC2ブログランキング

それでは続きを読むからどうぞ★
【続きを読む】
【2006/10/09 23:28】 | 東野圭吾 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
名探偵の掟
ここは電車内。
学校から今日も直帰の僕は電車に乗り込んだ。
向かいには珍しい光景が。

制服を着た女子高生とお爺ちゃんが仲良く喋っている。
無論、親戚とは思えない。
なんだか、携帯の番号を交換しているようだ。

何駅か過ぎ、女子高生が去り際に言う。
寂しくなったらいつでも電話してね、と。

やるじゃないか、女子高生。
化粧はケバめだったけど
ちょっとだけ、大都会TOKYOが好きになった。

それでは、今日の一冊をご紹介。

名探偵の掟 名探偵の掟
東野 圭吾 (1999/07)
講談社

この商品の詳細を見る

続きを読む前にポチッと応援よろしくお願いします♪
FC2ブログランキング  本ブログランキング

それでは続きを読むからどうぞ★
【続きを読む】
【2006/09/21 23:00】 | 東野圭吾 | トラックバック(0) | コメント(10) | page top↑
前ページ | ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。