スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
お泣きなさい
今日は本を読みました。
ビートルズを聞きながら、初めての村上春樹。
何故もっと早く読まなかったのか軽く後悔しています。
だからといって今日はその本の紹介ではありません。
それでは今日の一冊。

ウランバーナの森 ウランバーナの森
奥田 英朗 (2000/08)
講談社

この商品の詳細を見る


続きを読む前にポチッと応援よろしくお願いします♪
FC2ランキング 本ブログランキング
それでは続きを読むからどうぞ★
奥田英朗の『ウランバーナの森』です。
著者のデビュー作です。
内容を少し見てみましょう。

世紀のポップスター、ジョン。
日本人の女性と結婚したジョンは夏を軽井沢で過ごしていた。
ところが酷い便秘に見舞われ、病院に通い始めた。

便秘は治らないまま、通っていた病院がお盆で休診となり、病院を変えたジョン。
その病院からの帰り道で彼は奇妙な体験をすることとなる・・・・・。

日本人妻を持つ、世紀の有名人。
どこかで聞いたことありますね。
そう、あのジャン・レノジョン・レノンがモデルですね。

彼が悲劇の死を遂げたとき、自分はまだ生まれていません。
なので、彼らが起こした全世界を巻き込んだムーヴメントが、
どのようなものだったのか実感は湧きませんが、曲を聴くことは出来ます。

細かい部分を聞かれると困りますが、ビートルズの曲と、ジョン・レノンの曲、
これらに明確な差があることは判ります。
70年にバンドを解散し、80年に再び帰ってくるまでに何があったのか?

バンドを解散した後、反体制の過激な活動もしていたようですが、
75年に子供が生まれて以来、主夫として生活することを選んだようです。
76~79年の夏は毎年軽井沢で過ごしていたそうです。

この76~79年の間の彼の詳細は言及が少ないそうです。
複雑な環境で育ち、過激なことも散々やった彼が、
再び世に出たとき何故あんなにも円くなったのか?

この永遠の謎をフィクションとして、空想する。
そんなオマージュ作品です。
もちろん、こんな背景を知らなくても楽しめるようになってはいます。

中盤からはジョン・レノンの曲を実際に聴きながら読んでみると良いかもしれません。
あくまで、フィクションですので、ご注意ください。
興味が少しでも湧いたら、読んでみてはいかがでしょうか。

ランキング参加中☆
読んでみたくなったらクリック♪
ranking にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト
【2006/09/01 23:11】 | 奥田英朗 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<< | ホーム | 成長>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://asari213.blog73.fc2.com/tb.php/54-ff36866a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。