スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
MAJOR
今日は漫画をご紹介。
週間少年サンデーで最も息の長い連載である、

MAJOR』です。

作者である満田拓也には他に、
『健太やります』というバレー漫画も面白いです。
スポーツ漫画のヒットメーカーですね。

さて、MAJORですが、タイトルの通り野球漫画。
主人公の本田吾郎の幼少の頃からの野球人生を描いていきます。
父親→リトルリーグ→中学軟式→高校野球→マイナー→W杯
という流れで来ています。


MAJORの13巻。



この単行本は、このサイズの単行本の中では、今現在ベストだと思います。
全体を通しても名作ですが、間違いなくこの巻がピンポイントでおもしろい。


舞台はリトルリーグ。
日本一のチーム、横浜リトルと対戦することになった吾郎率いる三船リトル。
吾郎は初回に9点入れられて早速のピンチを迎える。

チームの特訓と、相手ピッチャーの傲慢な性格をついて何とか7点を返す。
試合は荒れた展開で何が起こるかわからないといった状況。

しかし横浜リトルは甘くない。
次の回、なおも無死満塁まで追い詰められ4番を迎える。

ここで吾郎は以前から練習していたが未完成の球、
チェンジアップを驚異の集中力で決め、ピンチを脱する。
…というところから始まります。

以降はお互いに点が取れず迎えた最終回。
ドラマを起こし、延長戦へ。
しかし、吾郎も限界に達し始め、肩に異常が診られる。

止めようとする大人達にこの試合への思いを語った吾郎。
絶体絶命のピンチに勝ち越しのランナーを置いての4番。
最後の力を振り絞って打ちとり、迎える最後の攻撃。
迎えた吾郎の打席、吾郎の打球の行方は??

というところで終了です。
この巻にこの漫画の本質がすべて含まれています。
全く読んだことがなくても、この巻だけで楽しめる。
そこがベストなのです。

ぜひ読んでみてください。


ランキング参加中☆
読んでみたくなったらクリックで投票してください♪

本ブログランキング  FC2ブログランキング  人気ブログランキング


スポンサーサイト
【2006/07/06 22:50】 | Comic | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<Magic Ball | ホーム | 融けていくような青>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://asari213.blog73.fc2.com/tb.php/3-f529d399
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。