スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
言葉に愛を、祈りを空に、恵みの地を成す雨となれ
今日は有馬記念でした。
歴史的な名馬、ディープインパクトのラストラン。
皆さんご覧になられましたか?
引退を飾るに相応しい見ごたえのある走りでした。

さて、今日はクリスマスイブでもあります。
このブログでは何度もクリスマスなんてクソ喰らえと言い、
実際に検索ワードで引っかかったりする人もいました。
しかし、今日は一時怒りを忘れ、聖夜を飾る話が出来たらと思います。

本当は恋人がいる人にこそリアルタイムで読んでもらいたいですが、
まぁ、そこは仕方ないでしょう。
恋人がいる人もいない人も、老若男女関係なく読んでもらいたいです。
それでは今日の一冊のご紹介。

続きを読む前にポチッと応援よろしくお願いします♪
本ブログランキング  FC2ブログランキング  人気ブログランキング

それでは続きを読むからどうぞ★
C.Dickensの『クリスマス・カロル』です。
あまりにも有名な本ですので、読んだことのある方も多いと思います。
しかし、世界中で長年読まれてきたこの本こそ、
聖夜を飾るに相応しいと思います。
それではあらすじをご紹介。

ケチで冷酷で、人間嫌いと三拍子揃った老人、スクルージ。
クリスマスなど大嫌いな彼は、クリスマスイブの夜、
元相棒だった、マーレイの亡霊に出会う。

マーレイの亡霊はやがてスクルージも同じ運命をたどり、
死してなお旅を続ける哀れな亡霊になると宣告する。
同時に、マーレイはスクルージを救う方法を教えて去っていく。
その方法とは、スクルージの元に三人の幽霊に来てもらうことであった。

スクルージの元に来る三人の幽霊達が、
荒みきったスクルージの心を入れ替えていくという再生の物語です。

この本の最大の特徴は、文章が綺麗なことでしょう。
比較的古い訳の本を読んだので、ぎこちない部分があるのは事実ですが、
それでも、透き通った、暖かい言葉が十分に伝わってきます。

物語自体が童話的なので、今日のような日でないと、
幼稚だと切り捨ててしまう人がいるかもしれません。
今の時期に読んでこそ、最大の魅力を感じることが出来るでしょう。

窓にかけよって彼はそれを開き、頭を突き出した。
霧ももやもない、澄んだ、晴れわたった、陽気な、浮き浮きするような、冷たい朝。
血が踊りださずにはいられないような冷たさ。
黄金の日光、神々しい空、甘い爽やかな空気、楽しい鐘の音、
おお、すてきだ!すてきだ!


この本を読んでいると、浮かれ騒いでいるカップルを見ても、
微笑ましく感じるだけで、優しい気持ちになれます。
冷たい空気に触れ、自分をリセットする。
深呼吸して、空を見上げる、大きく伸びをしてみれば、
爽やかな自分を感じることができる、そう思わせるような本です。

音とともに楽しむのも良いと思います。
この本とともに、クリスマスソングで聞いてほしいのはコチラ、

White Christmas (Bing Crosby and others)

I'm dreaming of a white Christmas
Just like the ones I used to know
Where the treetops glisten
and children listen
To hear sleigh bells in the snow

I'm dreaming of a white Christmas
With every Christmas card I write
May your days be merry and bright
And may all your Christmases be white

I'm dreaming of a white Christmas
With every Christmas card I write
May your days be merry and bright
And may all your Christmases be white

written by Irvin Berlin


この音楽もあまりに有名ですが、歌詞はしっかりとご存知ですか?
この曲は音、歌詞ともに非常に優しいものです。
一度じっくりと味わってみてください。

それでは、最後に文中の言葉を借りて、

「神よ、私たちをおめぐみください、みんな一人一人を!」

皆さん、メリークリスマス★


ランキング参加中☆
読んでみたくなったらクリックで投票してください♪
本ブログランキング  FC2ブログランキング  人気ブログランキング
スポンサーサイト
【2006/12/24 22:24】 | Novel | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
<<BIZARRE ODYSSEY | ホーム | 下りるために登るんさ>>
コメント
あさりさん、メリークリスマス☆

この舞台をみたことあるけれど
演技力が微妙でもうストーリを覚えていないのが
とっても残念なので
今度この本読んでみます!!
あさりさんの紹介を読むとめっちゃ素敵な話っぽいから♪
【2006/12/25 13:22】 URL | 愛美 #-[ 編集] | page top↑
>愛美さん
愛美さん、メリークリスマス♪

舞台ですか、自分はそういうの見に行く機会すらないんでうらやましいですね★
興味はあるんですけどね。

長い時の試練に耐えてきた物語だけの輝きはあると思います。
綺麗な、ポジティブな意味の言葉に注目して読んでもらいたいです。
いつかは英語で読んでみたいなぁ・・・・。
【2006/12/25 15:10】 URL | あさり #mQop/nM.[ 編集] | page top↑
あさりさん、メリークリスマス☆(愛美さんの真似)

有馬記念、見ましたYO!
彼氏とケーキを食べながら…という、何とも不思議なシチュエーションで(笑)
競馬今まで見たことなかったんですけど
ディープインパクトのダントツ1位には
大変感動致しました!!
【2006/12/25 20:59】 URL | 笑花 #NVT.ykyY[ 編集] | page top↑
>笑花さん
笑花さん、メリークリスマス★

ずいぶんと渋いデートですなww
あの走りには競馬知ってる知らないじゃなく、
人を魅了するものがありますよね♪
【2006/12/25 23:33】 URL | あさり #mQop/nM.[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://asari213.blog73.fc2.com/tb.php/123-5a54ce24
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。